女子3人制3連覇達成祝勝会

女子3人制3連覇達成祝勝会

祝勝会開催(10月27日)について

全日本学生柔道優勝大会女子三人制に於いて、早稲田柔道部女子が三連覇を達成したことの祝勝会が17号館体育館(柔道場)で17時から開催されました。


祝勝会に先立って14時からは月例稽古が行われ多数のOBが参加されました。


祝勝会は山下雅之OB会長の三連覇のお祝いの言葉・挨拶、射手矢岬新柔道部長の挨拶、結城源介先輩(S31卒)の激励と乾杯の音頭で始まりました。

大会から時間が経過していたこともあってOBの参加が少なく、父兄の参加も含めて30名、学生と合わせて67名という参加者でした。



女子部滝澤美咲主将からこの一年を振り返り総括的な話の後、アジア大会で銀メダルを獲得した渡邉聖未選手から一戦ごとの説明があり、東京オリンピックを目指すために卒業後も実業団で柔道を続けるという話がありました。


清水大輔先輩(H22卒),中島研二(S57卒)の祝辞ののち川田一洋総監督から挨拶がありました。その中で女子三人制から女子五人制に挑戦したいという新たな目標設定の話がありそのために学生・OBの支援が不可欠であるという話がありました。


男子部田中大勝主将から今年度の大会についての反省やら早慶戦への取り組み、OB会への支援御礼などの挨拶の後、4年坂田豊志副主将のエールで校歌「都の西北」を声高らかに斉唱し祝勝会をお開きとしました。


会員各位の応援・支援をお願いいたします。  事務局長 荒木清之