早稲田大学柔道部西田コーチ挨拶

早稲田大学柔道部西田コーチ挨拶

早稲田大学柔道部OBの皆様へ

平成14年卒の西田清二です。会社は東日本旅客鉄道株式会社の柔道部に所属し、卒業後も早稲田大学柔道部で 稽古をしていたことが縁でコーチをさせていただいております。

 ここ数年の早稲田大学柔道部は、推薦制度の充実もあり、有望な学生を獲得できるように なりつつあります。これらの学生に加え、一般入試、付属校からの入部者も切磋琢磨し、日々稽古に励んでいますが、他大学も着実に強化を進めており、今後もより一層の基礎体力の充実と技の鍛錬に取り組む必要があると強く感じています。

 コーチとして以下の3点を大事にし、学生と接するように心掛けています。
1.当たり前のことが当たり前にできるようにする(挨拶、掃除など)
2.創意工夫を重ね、一日一日の稽古、トレーニングで限界まで自分自身を追い込むこと
3.先輩方が築いてきた伝統ある早稲田大学柔道部で柔道に取り組めることに『誇り』を持つこと

 先日、学生と吉村監督とともに明治大学へ出稽古に行かせていただきましたが、明治の学生の練習に取り組む姿勢や私生活の立ち振る舞い(挨拶など)は早稲田の学生も大いに刺激を受けたことと思います。

 日本一になる大学の稽古を目の当たりし、学生とともにもっともっと追い込んだ稽古をしなければならないと決意を新たに しました。
 早稲田柔道クラブの皆様におかれましては、時間のご都合がつく際には道場にお運びいただき学生を叱咤激励していただくことが学生、指導陣への刺激になると考えております。

私自身、未熟者ではございますが、早稲田大学柔道部のために何ができるか考え、吉村監督のサポートをし、最大限の努力をしていく考えでございます。ご指導、ご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。


早稲田大学柔道部コーチ:西田清二